eoスマートバリュー【一番得する方法】

auひかりで一番得する窓口はどこか

auひかりの契約を考えている人の中で、プロバイダ選びでどこが一番得するのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

auひかりで使えるプロバイダは山ほどあります。どこのプロバイダを選んでも光回線自体はauひかりを使っているので全く同じで、基本プランもさほど違いはありません。

とはいっても、キャッシュバックキャンペーンの金額や、細かいオプションなどには大きな違いがあって、プロバイダ選び如何によっては何万円もの差が生じてしまうなんてことはよくあることなんです。

当サイトでは、光回線のすべてを知り尽くした管理人の私が、auひかりのプロバイダ選びのコツと、一番得する最強のプロバイダを紹介しています。是非一度ご覧になってください。

めちゃくちゃお得なプロバイダを選ぶ秘訣とは

プロバイダ業者というのは回線業者と個人をつなぐ役割をしている業者で、プロバイダがなければインターネットというものが成立しないくらい重要なものなのです。

auひかりで契約できるプロバイダには以下のような業者があります。

GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、DTI、auone、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

本当に顧客のためになるような優秀なサービスを提供しているプロバイダを選ぶコツとしては以下のようなものがあります。

1,もらえるキャッシュの金額と受け取りまでが短いかどうか

2,光回線の上りと下りのスピードが早くて安定しているか

3,オプションサービスが充実しているかどうか

上記のポイントを詳しく見ていきましょう!

ポイント1 キャッシュバックの総額と申請のしやすさ

プロバイダの選び方で一番大切なのは、キャッシュバック総額と確実に受け取れるかどうかです。

プロバイダのキャッシュバック金額は大きく違いがあって、1万円、2万円違うなんていうことはざらにあります。

キャッシュバックが全くもらえないところもあれば、超高額なキャッシュバックをしているところもあります。

どのプロバイダ業者と契約したとしても、auひかり自体の回線は全く同じなので、基本的なプランは変わりません。

なので、auひかりを契約するのであれば、キャッシュバックがたくさんもらえるだけではなくて、確実に振り込んでもらえるところを選びましょう。

ポイント2 光回線の速度と安定性をチェック!

回線の速度が実測値としてどれくらいでるのかも確認しておきましょう。auひかり自体の最高速度は1Gbpsとなっていますが、理論値ですので実際にこの数字がでるわけではありません。

もちろんですが、auひかりの回線自体が高速なので、たとえ一番遅いプロバイダから契約したとしても使えないくらい遅いなんてことにはなりません。

ですが、なるべくなら一番早くて回線が安定しているプロバイダを選びたいのは消費者として当たり前の心理だと思います。

ポイント3 セキュリティが満足かどうか

最後に見極めるポイントとしてはセキュリティのオプションが充実しているかどうかですね。

安全性の高い安心して利用できるインターネット環境を実現するためにはハッキングやウイルスの侵入を防止することが大切です。

プロバイダそれぞれのセキュリティサービスがどれくらい充実しているのかを確認してから使うようにしましょう。

厳選に厳選を重ねた超絶お得なプロバイダ

以下からはプロバイダ各社を具体的にいろいろな切り口で検証していきたいと思います。

auひかりのプロバイダを一覧表にしたのでご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

あらゆる切り口から見てみると一番お得なプロバイダは圧倒的に「GMOとくとくBB」ですね。

最高額で確実に受取ができるプロバイダとは?

GMOとくとくBBという業者は、20年以上の運営歴を誇るGMOインターネットが運営しているプロバイダです。

GMOとくとくBBの一番のメリットはなんといってもキャッシュバック総額ではないでしょうか。ですが、受け取り方に注意点があります。

キャッシュバック案内メールが11ヶ月後と23ヶ月後に送られてきますが、そのメールに1ヶ月いないに返信しないとキャッシュバックを受け取ることができません。

キャッシュバックをたくさん受け取りたいという人には特におすすめのプロバイダが、GMOとくとくBBです。

回線スピードや安定性なども、auひかりのプロバイダの中で一番優れているのもおすすめポイントの一つです。

GMOとくとくBBの平均的なダウンロードスピードは約500mbpsくらいあります。なので、回線速度も重視しているひとにもおすすめのプロバイダとなっています。

無名なところはやめておこう

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

こちらのプロバイダはKDDIが運営しているプロバイダになります。

そもそもauoneもKDDIが運営していますが、auひかりもKDDIがやっています。

KDDIがどちらも運営しているので、キャッシュバックなどが高そうにも思えますが、全くそんなことはなく1万円しかありません。

auoneからのキャッシュバックが少ない理由としては、競合他社のプロバイダにauひかりのサービス拡大を目指してもらいたいからなんです。

auoneからのキャッシュバック金額を減らすことにより、競合他社がプロバイダを売りやすくなるということです。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともとメーカー系のプロバイダでしたが、今現在は独立したプロバイダ経営となっています。

それではBIGLOBEのキャッシュバックはどうなっているのでしょうか。最高で5万円くらいとなっています。

とはいっても、BIGLOBEにはキャッシュバック以外のキャンペーンが不十分です。

高額なキャッシュバックがあって、なおかつオプションなどの特典も豊富なGMOとくとくBBの方が圧倒的におすすめですね。

DTI

こちらのプロバイダは東京電力の孫会社が運営しているプロバイダです。

遠隔操作でのサポートがあるという利点があります。

キャッシュバックは38000円がありますが、受け取り時期が1年以上先というのであまりおすすめできたものではありませんね。

auひかりの申し込み方法とは

ここまではauひかりのプロバイダの比較をしてきましたが、申し込み手順を解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

ここからは、GMOとくとくBBからauひかりを契約するときの流れを解説していきたいと思います。

手順1 サイトから申し込み

GMOとくとくBBのサイトを開きます。

ページ右上にあるエリア検索ボタンをクリックして手続き画面を開きます。

手順2 住所や名前を入力する

次のページを開くと、個人情報を入力する画面になります。

手順3 折り返しの電話をまつ

名前や住所などの個人情報を入力したら尊信します。

個人情報などの入力が完了すると、1週間以内に、KDDIから工事の予定確認の電話がかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 開通

光ファイバーの引き込み工事が完了すると、晴れてauひかりを使うことができるようになります。

auひかりのプロバイダに関する質問まとめ

auひかりのプロバイダと回線に関する質問をまとめています。

質問1 プロバイダだけを乗り換えたい

残念ながらauひかりはプロバイダだけを変更することができません。

そもそもとして、auひかりはプロバイダが一体化しているので、プロバイダをもし変更したいときは、回線そのものを解約して契約し直す必要があります。

どうしてもプロバイダだけを変更したい人は、auひかりの光回線を解約してから、別のプロバイダとセットで契約しましょう。

質問2 解約金や違約金について

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

これらの解約金はauひかりの解約金なので、プロバイダはどこでも同じ金額となっています。

質問3 プロバイダの確認方法

自分のプロバイダをチェックするには、マイページにアクセスしましょう。

マイページのアクセス方法がわからないときは、月額料金の引き落とし明細などに書かれていることもあります。

auひかりで最もお得な申し込み方法とは?

auひかりのキャンペーンはどういう特典があるのか?、どこの窓口が一番得するのか?などなど気になっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが一番得するプロバイダであることがわかりました。

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

auひかりの具体的なキャンペーン内容については詳しく解説していきたいと思いますが、結論から言ってしまうと、一番優秀なプロバイダはGMOとくとくBBです。

auひかり自体もキャンペーンをやっていますが、GMOとくとくBBから契約することにより追加で以下のような特典を適用してもらうことができます。

1,6万円以上もの現金がもらえる

2,毎月500円以上もかかるひかり電話が3年間も無料で使える!

3,高級なルルーター端末が無料でもらえる!

auひかりのプロバイダや代理店を比較検証!

auひかりのキャンペーンを取り扱っているプロバイダや代理店を比較してみたところ、ダントツでGMOとくとくBBが最優秀でした!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

これらの比較表を見てみると、auひかりを本当に申し込むのであれば、GMOとくとくBBが一番最強だと一目瞭然だと思います。

auひかりを契約するときに適用してもらえるキャンペーンには次の2つがあります。

手に入れることができる特典としては、プロバイダによる特典と、公式サイトがやっている特典の二つがあります。

そもそも代理店やプロバイダというものは、auひかりの光回線とエンドユーザーをつなげる仲介的な役割を果たしています。

auひかりを契約するときに、どこのプロバイダ経由で契約したとしても、公式のキャンペーンも適用してもらえるので、ダブルでキャンペーンをもらうことができます。

次の項目からは具体的なキャンペーンについて見ていきたいと思います。

公式サイトがやっている特典について

auひかりは、auの名がつくとおりKDDIが運営しているプロバイダ一体型の回線サービスです。

auのスマホを持っている人であれば、一番お得になる光回線だと言っても過言ではないでしょう。

auひかりの具体的な内容は下記のようになっているので参考にしてください。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式でやっているキャンペーンは大別するといくつかあり、すべて同時並列的に受け取ることが可能です。

公式キャンペーン1 他社からの乗り換えを負担

auひかりでは乗り換えサポートとして、auひかりにほかの回線業者から乗り換えるときに、違約金などが発生した場合は3万円を上限に肩代わりしてくれるというキャンペーンを実施しています。

競合他社からの解約金を負担してもらうためには、auひかりから送付されてきた、乗り換えスタートサポートの申請書を返送する必要があります。

解約金申請書を受け付けてもらってから1ヶ月くらいで、auPAYへ送金されます。

auPAYというサービスは加盟店でショッピングができるサービスとなっています。

スマホからauPAYを使うのは基本ですが、スマホがなくてもプリペイドカードから支払いを行うこともできます。

このau公式の乗り換えキャンペーンを肩代わりしてもらうためには、条件があるのでチェックしておいてください。

他社のモバイルルーターや固定インターネット回線からは適用されません。

ずっとギガ得プランとひかり電話に入って、3年以上使うこと。

乗り換えキャンペーンを適用してもらうためには、3年間で自動で更新されるずっとギガ得プラントひかり電話への加入が必須となっています。

公式キャンペーン2 工事費が割り引き!

auひかりの初期費用というのは、回線の引き込み工事がほとんどですが、ひかり電話を同時に申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

一軒家の場合は約4万円、賃貸マンションの場合は約3万円の工事費が無料になります。

工事費用が分割になり毎月の月額から請求されますが、それが0円になるということです。

auひかりの回線を途中で解約した場合は、残債を自己負担で支払う必要がありますが、このキャンペーンを実施することにより初期にかかる費用が分割された状態で光回線を使えます。

契約期間が終わるまでauひかりを使い続ければ完全に無料にできるので、是非活用してみてください。

公式キャンペーン3 auの携帯でかなり割引

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

契約しているスマホのプランによって割引金額は違ってきますが、家族全員がauのユーザーであれば、全員分が割引になる太っ腹な割引キャンペーンです。

これらのように、auひかりは光回線業者の中でも特にすばらしいキャンペーンを実施しているのでauの利用者は圧倒的におすすめです。

公式キャンペーン4 高速プランが割り引き

ずっとギガ得プランへ申し込みをすることにより、10ギガなどの高速通信ができるプランが約500円割引されるというキャンペーンが実施されています。

適用条件は、ホーム5ギガかホーム10ギガを申し込むことが条件となっています。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりの代理店やプロバイダは、auひかりの公式のキャンペーンに加えてプロバイダ独自のキャンペーンを実施しています。なので、auひかりから直接申し込むより二重にキャンペーンを受け取ることができるのです。

代理店やプロバイダがやっている独自の特典は各社によって大幅に違いがあるので、選び方を間違えるとかなり損したりしてしまいますので注意しましょう!

プロバイダがやっている独自キャンペーンを大きく分けると、キャッシュバックキャンペーンと、Wi-Fi端末無償提供があります。

独自キャンペーン1 かなりのキャッシュバックがある!

キャンペーンで一番目を引くのが、高額のキャッシュバックキャンペーンではないでしょうか。

auひかりを契約できるプロバイダのほとんどは、auひかりの公式サイトがやっているよりもダントツで大きい金額のキャッシュバックをやっています。

たとえばですが、当サイトで一番おすすめしている「GMOとくとくBB」を例に挙げると、一軒家の場合は約6万円、マンションの場合は約5万円もの高額な現金がもらえます。

独自キャンペーン2 ルーター端末が無料!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

Wi-Fiルーターを無料で提供、もしくはレンタルをしてくれるプロバイダがあります。

「GMOとくとくBB」の場合だったら、何種類もある高機能な高級ルーターの1台を無料でもらえます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

悪質な代理店などの注意点

プロバイダの中には、とんでもない高額のキャッシュバックをやっているところがあって、そういうところから契約したらすごい儲かるんじゃないかと思ってしまいますよね。

とはいっても、こういうおいしい話には常に裏があって、そういうところも全体的に見通す必要がありますね。

あくどい代理店のケースを紹介していきたいと思うので、ぜひだまされないようにご一読ください。

注意点1 オプション加入が必須条件になっている

キャッシュバックの条件にオプションが必要と書いてある場合は注意が必要です。

キャッシュバックがいくら高くても、オプションが大量に必要だと余計な経費がかかってしまって、結局損をしてしまいます。

つけなければいけないオプションの中には毎月何千円もするようなものもあるので、キャッシュバックなんて何の意味もなかったというようなことにもなりかねません。

上記のパターンは家電量販店でのキャッシュバックによくありがちなので、おすすめしません。

なお、スマートバリューという割引を適用してもらうためには、ひかり電話のオプションが必須となっているので、キャッシュバック条件にひかり電話が入っていてもそんなに気にする必要もないと思います。

注意点2 受取期間が先に設定されている

キャッシュバック申請を忘れさせるのが目的かのようなプロバイダや代理店はやめておきましょう。

もらい忘れを狙っているかのようなパターンというのは、キャッシュバックの受け取り時期が1年とか2年後とかの場合です。

auひかりを契約してから、キャッシュバックの申請ができるまで1年とかかってしまうので、申請忘れを狙っているとしか思えませんよね。

こういった、お客さんの申請忘れを意図的に狙っているかのような窓口は避けて置いた方が無難でしょう。

注意点3 実現できないであろう条件がある

キャッシュバックを受け取るためには、現実的にありえないような条件を突きつけている代理店やプロバイダはやめておきましょう。

たとえば、自分が契約し終わった後に誰かを紹介しなければいけなかったりするパターンです。

そもそも光回線とかは一家に一つしか設置できないので、回線を導入していない家庭の人なんて滅多に見つけられないでしょう。

こういった実現できなさそうなキャッシュバックキャンペーンの条件というのは、結局受け取れないのが落ちなので、そもそもこういう窓口から契約するのはやめておくに限りますね。

上記のようなことから、現実味があるキャンペーンを選ぶようにしましょう。

注意点4 キャッシュバックが高い代わりに基本料金も高い

金額が高いキャッシュバックを受け取れる代わりに、毎月の割引額が減ったり、月額料金がかさんでしまうものに要注意です。

たとえば工事費無料キャンペーンがないかわりにキャッシュバックが高くなるパターンとかがあります。

auの場合は初期費用が無料になっているので、工事費も無料になりますが、窓口によっては工事費の代わりにキャッシュバックを高額にして満足感を与えるような印象操作をしているところもあります。

申し込む代理店やプロバイダなどの窓口によって月額料金が変動するので、工事費やキャッシュバックや月額料金などすべてを踏まえた上で窓口を検討しましょう。

結局、一番お得な窓口はどこなのか?

ここからは、キャッシュバックキャンペーンに秀でているプロバイダを比較検証していきたいと思います。

結果からいってしまうと、auひかりの一番得する窓口は「GMOとくとくBB」です。

もっとも得するauひかりの窓口を比較するためには以下のようなポイントがあります。

キャッシュバックの総額が高いこと、オプションなしでキャッシュバックを受け取れること、確実に振り込まれることなど。

下の一覧表以外にも、auひかりのプロバイダは星の数ほどありますが、キャッシュバックでもらえる金額が3万円以上受け取れるところのみを厳選して一覧表にしています。

また、auのスマホセット割りを適用してもらうためには、光電話が必ず必要になってくるので、細かい条件をすべて踏まえた上での厳選に厳選を重ねた比較をしております。

格安SIMを使っている人は、スマホセット割りを使えませんが、光電話を契約した方が総合的にお得になるので、おすすめです。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックキャンペーンの金額が高額な上に、毎月550円かかる光電話が2,3年無料になるのでお得です。

さらに、auのスマホを持っているのであれば、もっとお得になります!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは有名なインターネット企業のGMOが運営母体のプロバイダで、auひかりの大量にある申し込み窓口の中でも圧倒的なキャンペーンを実施している選りすぐりのプロバイダとなっています。

GMOとくとくBBなら、最高で6万円ものキャッシュバックがもらえて、さらに1万円くらいの端末まで無償でもらえます。

auのスマホとセットで使える、スマートバリューに必要な、光電話も無料でつけてもらえるので、auひかりがずっとお得になります。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの詳細は以下のような内容となっております。

1,GMOとくとくBBの契約時に、GMOとくとくBBのメルアドを作成します。

2,auひかりが開通してから11ヶ月目と23ヶ月目にキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,必要なものを入力してから、メールを返信して翌月には振り込まれます。

キャンペーンについての質問

auの公式キャンペーンや独自キャンペーンなどにまつわる質問点などをまとめています。

1,オプションサービスにもキャンペーンなどはあるか

auひかりのテレビに新しく登場したジャンルパックやオールジャンルパックなどでは、新規に加入すると2ヶ月間無料で閲覧できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルをパッケージにした、ジャンルパックというのは、アニメやスポーツなど数種類があります。

自分が好みの動画コンテンツだけを詰め込むことができて、1628円で毎月使えるようになっています。

他には、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックというものがありますが、こちらは月額2700円くらいとなっています。

2,5ギガや10ギガのプランのエリアについて

10ギガや5ギガなどのauひかりの高速通信が可能なプランは、関東4県のみが提供エリアとなっています。

auひかりは他の光回線とは違って独自の回線網を使っているので、すべてのプランで安定的なネットが接続できると思います。

auひかりのプロバイダは自分で納得してから申し込もう!

ここまでに、auひかりのメリットやマイナス面やキャッシュバックやおすすめのプロバイダなどについて解説してきました。

auひかりのキャンペーンには、公式サイトでやっているものと、プロバイダや代理店が独自でやっているものの2つがあります。

また他にも、公式でやっているキャンペーンはプロバイダ独自のものと同時並列的に活用できるので、プロバイダから申し込んだ方が圧倒的にお得になります。

実施中のキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBというプロバイダが一番お得です!

GMOとくとくBBなら次のようなキャンペーンを受け取ることができます。

1,最高額で6万1千円のキャッシュバック

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高性能のWi-Fiルーター端末が無料でもらえる!

これだけたくさんの特典がもらえるプロバイダや代理店は他にありません。

GMOとくとくBBでとくにメリットとして大きいのは、高額なキャッシュバックと回線の安定性や口コミの高評価さだと思います。

また他にも、公式のキャンペーンとして、以下のようなものも受け取ることができます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,光回線の工事費用が3,4万円が無料!

3,スマートバリューがとってもお得!

以上のように、プロバイダによるキャンペーンと、公式のキャンペーンを併用することにより、ダブルでお得になります!